保育園、待機児童削減へ新コンセプトで、住まいと施設が連携

少子化の中でも待機児童数が減らない中、1日に新たなコンセプトの保育施設が3園同時オープンした。積水ハウスが設計施工した『江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール』(江東区有明)は、駅近の分園と中核施設の本園をバス(EV)で結ぶ「サテライト保育」を実践。湾岸エリアとして、災害時の防災拠点の機能も備えた。

また、ミサワホームグループが園舎設計や施工を手がけた『コビープリスクールはこざき』(東京都中央区)は既存建物活用モデルで、『同みなみおおいずみ』(東京都練馬区)が郊外型新築モデル。いずれも、保育施設の設計・施工を通じてノウハウを蓄積し、子どもから高齢者まで誰もが優しく住みやすい、住空間の実現につなげる。

2015年04月09日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)