病院耐震性向上へリート活用を検討、国交省が来年3月にガイドライン

国土交通省は9月26日、病院の耐震性向上などを進めるためにリートが投資できる体制を整える目的で「病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会」(座長=田村幸太郎弁護士)を立ち上げた。

現在、サービス付き高齢者向け住宅などのヘルスケア施設に対するリートのガイドラインに病院は含まれていない。一方、今年7月に閣議決定された健康・医療戦略で、ヘルスケアリートの活用にむけて自治体病院を含む病院などの取得・運用に関するガイドラインの整備が示されている。

今回の検討が具体化すれば「病院の耐震化にリート活用が選択肢になる」(毛利土地・建設産業局長)。2015年2月にもガイドラインの中間報告と意見募集を実施、来年3月までにガイドラインと病院・医療関係者への周知方法をとりまとめる。

2014年10月02日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)