国土審議会計画部会=都市の分散化を議論、国際競争力強化へ、地方都市の特徴活かせ

国土交通省の国土審議会は3月28日に計画部会を開催し、激化する世界的都市間競争での競争力強化や、国際競争力のある産業の育成・創出について議論した。

国交省側は、産業の国際競争力の実態や、大都市のリノベーション、スーパーメガリージョンについて状況を説明。委員からは、都市を東京などから分散させることや、ほかの地方都市を育成すること、東京の低成長に対する政策強化などの意見が出た。

考え方として、「多様な価値観に対応した働き方・暮らし方・生き方を自由に選択できる国土を実現する」ため、地域で「稼ぐ力」を高めていくことを重視する。国際情勢の変化への対応として、停滞するイノベーション力を引き上げ、デジタル化を推し進める方針。東京一極集中の見直しで大規模災害からの被害を緩和する視点も重視するほか、都市がそれぞれに個性を生かし、世界からのヒト・モノ・カネ・情報を引き寄せる力の獲得を期待している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年04月12日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)