国交省社整審、高リスク地域住宅開発規制を厳格化=気候変動で対策方針示す、リスク情報公開も | 住宅産業新聞

国交省社整審、高リスク地域住宅開発規制を厳格化=気候変動で対策方針示す、リスク情報公開も

国土交通省の社会資本整備審議会が9日に公表した同審議会河川分科会の「気候変動を踏まえた水災害対策検討小委員会」のとりまとめにより、国は水災害リスクの低い地域への居住誘導や、リスク情報の公開といった取り組みをさらに進める方針だ。

同審議会への答申となるとりまとめは、国土交通大臣が治水や河川・下水道整備などの計画見直しを視野に入れた水災害対策方針の検討を求め、審議会が2019年11月から同小委員会を設置して議論してきたもの。ハードとソフト両面のあり方を示し、水災害に対して、平時や災害前の備え、災害時の対応、事後の早急な復旧に向けた方針を示す。

国や自治体に治水関連施設の整備などを要望しているほか、人命被害防止の観点から水災害リスクの高いエリアでの住宅開発規制の厳格化なども促す。また宅地のかさ上げ費用などへの補助も検討を求めている。

2020年07月16日付9面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)