新不動産業ビジョンを策定へ、国交省社整審の不動産部会–新たな方向性へ改訂、空き家増など環境変化踏まえ

国土交通省の社会資本整備審議会は5日、2030年を念頭に不動産業を持続・発展させるための新ビジョン策定に向けた議論を、産業分科会不動産部会(部会長=中田裕康早稲田大学大学院法務研究科教授)で開始した。

不動産業の発展を中長期的に計画する「不動産業ビジョン」は、これまで1986年と92年に策定、改訂されているが、不動産が値上がり続けることを想定している側面ももつ。

一方で現状は、人口減少・少子高齢化、空き地・空き家の増加、不動産に対する社会の意識変化などがあり、これらの環境の変化を踏まえた新たなビジョンに改訂することで、今後の社会であるべき不動産業の方向性を打ち出す。

年度内には新しい不動産業ビジョンを策定する予定だ。

2018年10月11日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)