国交省、共同住宅の住宅エコポイント基準を公表 | 住宅産業新聞

国交省、共同住宅の住宅エコポイント基準を公表

国土交通省は6日、住宅版エコポイントの対象となる共同住宅の基準を公表した。基準で示した地域区分によって異なるが、要求される断熱性能は住宅性能表示制度による省エネ等級4~3で、これに加えて高効率給湯器や燃料電池などの設備を備えている必要がある。

住宅エコポイントは、新築については現行水準より高いレベルの省エネ性能を満たす住宅に対して付与。戸建て住宅については、既存の基準を利用できるため、昨年12月に要求性能を公表していたが、共同住宅は現行制度に当てはまる基準がなく、国交省が新たな基準を策定した。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)