三協・立山HD、環境配慮商品の開発を強化 | 住宅産業新聞

三協・立山HD、環境配慮商品の開発を強化

三協・立山ホールディングスは、環境配慮商品の開発を強化する。独自の「環境配慮商品」認定マークを作成し、ユーザーが環境配慮商品を選択しやすいように、建材、非建材会社を問わず、今後発行するカタログに表示していく。

認定マークは、同グループの「ツインリーフ」をイメージした2枚の若葉がecoを支えるかたちをデザインして、環境問題に取り組む企業姿勢を表現した。

認定商品は、後付樹脂内窓「プラメイクE」や太陽光発電仕様カーポート「M.シェード」などがある。環境配慮商品の売上高に占める割合は79%となっている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)