ZEH「3省連携」で支援、18年度、寒冷・低日射地域も対象=地域による偏り縮小目指す | 住宅産業新聞

ZEH「3省連携」で支援、18年度、寒冷・低日射地域も対象=地域による偏り縮小目指す

経済産業省資源エネルギー庁と環境省、国土交通省は1日、「ZEH等3省連携事業合同説明会」を開催し、これまでのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に加え、ZEH+(ゼッチプラス)支援事業では事前枠付与方式で採択ZEHビルダー評価制度の導入、さらに分譲建売住宅を対象とする事業の要件などを説明した。寒冷地や低日射地域では、ニアリーZEHプラスも補助対象として認めること、集合住宅支援の考え方なども発表され、2030年までに分譲戸建てや集合住宅を含めた新築住宅の過半数をZEHにするというZEHロードマップ達成に向け、具体的な施策を打ち出した。

2018年03月08日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)