2016年度のZEH補助、寒冷地UA値0・25以下でニアリーZEHも補助対象 | 住宅産業新聞

2016年度のZEH補助、寒冷地UA値0・25以下でニアリーZEHも補助対象

2016年度のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業と「ZEHビルダー」の詳細が明らかになった。エネルギー削減量75%以上100%未満のニアリーZEHは1地域・2地域で寒冷地特別外皮仕様のUA値0・25以下を満たす場合に限り補助対象に含まれた。支援事業の1次公募は4月28日から始まり事業規模は20億円。事業規模を超える応募があった場合は、評価点の高い(エネルギー削減量の多い)ものから順次選定していく。評価点には加点要素があり(1)断熱性能を交付要件のUA値より20%以上強化(2)HEMS(グレードB)の導入(3)BELSの取得――の場合に加点される。加点はあくまでも最終選定時の判断基準として使用するため、まずは加点を考慮せずにZEHの定義などの事業要件をクリアする必要がある。

2016年04月14日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)