国交省、東洋ゴムの免震材料に新たな不正の疑い

国土交通省は25日、東洋ゴム工業の不正な免震材料について、既に公表している55棟に使用された免震材料以外にも不正なデータを使った免震材料があると公表した。同社の調査により、不正を行った担当者が別の免震材料で不正なデータ補正を行っていた疑いが出てきたため。同省は、同社に対して早急な事実関係の確認を指示した。

新たな不正の疑いは、55棟に使われた免震材料と別タイプの製品。同社は55棟の安全確認を行い、震度5強程度で倒壊するおそれはないことを確認したが、すべての免震材料を交換することを決定した。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)