フラット35の簡易計算をスマホ対応に、住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、ホームページとフラット35の計算シミュレーションなどをスマートフォンやタブレット対応に変更した。

従来は、パソコンでの閲覧に対応した画面だったが、スマートフォンやタブレットが普及したことや顧客からの要望があったことから、10月21日にこれらの機器での表示を最適化した。スマートフォンなどに対応したのは、「災害復興住宅融資シミュレーション」と「かんたんシミュレーション」。「かんたんシミュレーション」は、返済希望額から返済額を計算したり、毎月の返済額や年収から借入可能額を計算したり、年収や借入額、月々の返済額などのプランを入力しフラット35が利用できるかを診断できる。

2013年11月7日付け10面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)