タカラスタンダード、高崎ショールームを移転・新装オープン

タカラスタンダードは高崎ショールームを移転し、3月27日に新ショールームで営業を開始する。27~29日は、オープン展示会を開催する。

新住所は、群馬県高崎市緑町4-1-6。高崎市の商業中心地、問屋町付近で、JR上越線「高崎問屋町駅」から徒歩圏内となった。

500平方メートル超の広いショールームには、システムキッチン23セット、システムバス12セットのほか、洗面化粧台やトイレ、各種給湯機器を展示する。同社独自の「高品位ホーロー」の特徴を実感できる体験実演コーナーなどを設けた。水回りに役立つ情報発信基地として、地域に密着したショールームを目指す。

併設する群馬支店は、4月6日から業務を開始する。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)