14年度第1四半期の需要予測、減少もプラス圏=JK情報センター

ジャパン建材のJK情報センターは、2014年度第1四半期(14年4~6月)の工務店・販売店の需要動向予測調査結果をまとめた。

これによると、景気動向の推移は工務店で11・1ポイント(13年度第4四半期から39・4ポイント減少)、販売店で13・8ポイント(同38・3ポイント減少)となり、大幅な減少となった。

地域別では、北陸地域を除く全国で減少回答が増加回答を上回った。調査結果は減少傾向が鮮明に現れたものの「ポイント水準は未だ10以上のプラスであり、市場は(消費税増税の)駆け込みに間に合わなかった仕事をまだ残している事を伺わせる」(同社)と分析した。

2014年3月27日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)