LIXIL=内装リフォーム専用部材を発売、汎用性高く現場にフィット | 住宅産業新聞

LIXIL=内装リフォーム専用部材を発売、汎用性高く現場にフィット

「住宅リフォームの価値は、内装仕上げの出来映えで変わる」(居嶋正幸LIXILインテリアビジネスユニットインテリア商品部企画グループリノバ担当)というほど、内装施工は施工者の手間と技術と、臨機応変な対応力が必要になる。

築数十年の住宅は壁や床が曲がり、部材を納めたときに段差やすき間が発生する。家具や家財に囲まれ、作業スペースが確保できないような狭い空間での施工も珍しくない。騒音や汚れにも気を配り、30分ごとに廃材や粉じんなどの掃除をする――。LIXILの開発担当者がリフォーム会社に2ヵ月間駐在して、『現場』で『現物』を分析し、『現実』を認識した上で問題解決を図る『三現主義』に基づき開発・発売したのが、内装リフォーム専用商品「Renova(リノバ)」だ。アンケートやヒアリングではみえなかった潜在ニーズをリノバに盛り込んだ。

2013年10月3日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)