テクノテック、高機能抗菌めっき技術を採用したUB用排水ますを開発 | 住宅産業新聞

テクノテック、高機能抗菌めっき技術を採用したUB用排水ますを開発

洗濯機防水パン・トラップなどの開発、製造、販売を手がけるテクノテック(東京都文京区、木本一也社長)は森村商事と共同で、神戸製鋼所が独自開発した高機能抗菌めっき技術を採用したユニットバス排水ますを開発した。排水ます内の菌・カビの繁殖を抑える。住宅設備メーカーなどに提案し、中級クラス以上のユニットバスでの採用を狙う。

初年度5万台、5年後に40万台の販売を目指すほか、アジアでの販売も視野に入れた。

同社が開発したユニットバス排水ます用新製品は、神戸製鋼所が2001年に独自開発した高機能ニッケル系合金めっき技術「ケニファイン」を採用した。排水ますに同技術を採用したのは今回が初となる。

2012年8月9日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)