部品業界からPV市場に新規参入、主要大手3社が戦略示す | 住宅産業新聞

部品業界からPV市場に新規参入、主要大手3社が戦略示す

部品業界から太陽光発電システム(PV)市場に新規参入したメーカーの主な戦略が示された。

LIXILの創エネ部門を担うLIXILエナジーは、部品点数を半分以下にする架台『L・Eラック』を開発して施工負担の低減を図る。PVパネルの自社生産を開始したノーリツは、給湯器のリモコンでガスや電気、給湯などの光熱費状況を「見える化」してエネルギーの総合提案を行う。今年4月にPV事業を立ち上げた文化シヤッターは、電動シャッターの販売・施工で培った有資格者の活用と365日のメンテナンス体制を武器に、受注からアフターサービスまで一貫したシステムを提案する。

各社が得意とする販売網でPVを扱うことによって、省エネに対する訴求力向上と流通・販売店との関係強化につなげる。

2011年6月10日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)