パナソニック電工が雨水貯留タンクを発売 | 住宅産業新聞

パナソニック電工が雨水貯留タンクを発売

パナソニック電工は、雨樋に流れる雨水を貯めて庭木への水やりなどに雨水を活用できる雨水貯留タンク「レインセラー150」(容量150㍑)を10月1日から発売する。本体容量は、市販のじょうろで約30回の散水が可能。タンクは、光りの透過を防ぐ材料を使用しているので、藻が発生しにくい環境になっている。また、本体満水時は、縦樋接続キットで雨水を樋に戻すシステムを採用した。貯めた雨水は庭木への水やりのほか、打ち水や子どもへのエコ教育などにも活用できる。価格は6万3千円(税、雨樋接続部材込み)。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)