オーデリック、LED内蔵「光る手すり」に新色など追加 | 住宅産業新聞

オーデリック、LED内蔵「光る手すり」に新色など追加

オーデリックは30日、LED照明内蔵「光る手すり」を発売する。木目柄ホワイト色の手すり棒やシルバー色のブラケット類を加えるなど、ほかの建材、内装と調和しやすい新色を追加した。住宅や病院、公共施設など幅広い用途に利用できる。

光る手すりは、手すりと夜間照明を一体化した。電源ボックス、光源を内蔵したブラケット、手すり棒などのパーツで構成される。手すり棒が壁面や床面を均一に照らすため、通常の足元灯より広範囲に照らし、視認性を高めている。

光源は、消費電力の少ないLEDを採用。明暗センサー付き電源ボックスを使用すれば、周囲の明るさに応じて自動点灯にも対応する。さらに、別売りの人感センサーとの組み合わせも可能。

価格は、全長382ミリタイプが1万8690円(税込み)、エンドブラケットが6090円(同)、基本タイプの電源ボックスが1万3440円(同)。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)