パナソニックがパナ電工、三洋電機の完全子会社化を発表 | 住宅産業新聞

パナソニックがパナ電工、三洋電機の完全子会社化を発表

パナソニックは29日、2011年4月をメドに子会社のパナソニック電工と三洋電機を完全子会社化すると発表した。3社の事業・販売部門を統合・再編して、新たなパナソニックグループを構築する。

大坪文雄パナソニック社長、長榮周作パナソニック電工社長、佐野精一郎三洋電機社長の3社長は同日、大阪市内で共同会見を行った。大坪社長は、「完全子会社化することで、競争力や研究開発力、市場開拓力を『海外』『二次電池』『美容・理容』などの成長分野に結集することができる。3社の総合力をいかして、ベストな事業体制を構築する」と完全子会社化の目的を説明した。

事業再編は、コンシューマ、デバイス、ソリューションの3分野ごとにビジネスモデルを構築する。具体的な再編内容は未定としたが、2012年1月までに方向性を決定するとした。事業再編により600億円のシナジー効果を見込んだ。

子会社の再編に伴い、ブランドは原則として「Panasonic」に統一していく計画だが、事業・地域によっては「SANYO」ブランドの活用も継続するとしている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)