トステム、夏の通風対策に「縦すべり出し窓 採風モデル」 | 住宅産業新聞

トステム、夏の通風対策に「縦すべり出し窓 採風モデル」

トステムは7月1日、開く向きや組み合わせ方を工夫して効率良く室内に取り込むユニット窓シリーズ「縦すべり出し窓 採風モデル」を発売する。一年を通して快適でエコな暮らしを実現させるため、冬の断熱とあわせて、夏の通風対策を提案する。

同商品は、正面からの風を取り込むことが難しい住宅密集地などでも、効率良く風を室内に取り込み、通風できる窓の組み合わせをユニット化して、採風に最適な開口計画を簡単に実現する。

同社の研究によると、建物脇を通り抜ける風を障子で受け止めてから室内に取り込む縦すべり出し窓を用い、さらに吊元の位置を工夫することで、引き違い窓に比べて約10倍(同社実験値)の通風量を確保することがわかったという。

ユニットのラインアップは、吊元の位置を左右に分けた縦すべり出し窓を上下に組み合わせた窓やFIX窓をはさんで、左右に縦すべり出し窓を組み合わせた窓などの5タイプ。サッシは、同社基幹商品の樹脂とアルミの複合サッシ『シンフォニーウッディ』、『シンフォニーマイルド』、複層ガラス用アルミサッシ『デュオPG』の3商品に対応した。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)