パナ電工、簡単施工で改修に最適な照明用自動スイッチ | 住宅産業新聞

パナ電工、簡単施工で改修に最適な照明用自動スイッチ

パナソニック電工は、電池式熱線センサと電波式ワイヤレス技術の採用により、簡単施工で省エネリニューアルに最適な照明器具用自動スイッチ「eワイヤレスシリーズ」を発売した。

新発売の熱線センサ発信器は電池式(リチウム電池2個)を実現したことで、発信器と埋込スイッチ・受信器間の配線工事が不要になった。そのため、施工時間の短縮や省力化が図れ、スピーディなリニューアルが行える。電池寿命は、1日8時間センサ検知した場合約5年。

また、センサから埋込スイッチ・受信器への信号は電波式ワイヤレスのため、壁に遮られているような場所でも送受信が可能になり、設置場所の自由度がアップした。

受信器の配線は2線式を採用しており、配線はそのままで既存のスイッチ(片切)からの取り替えも簡単に行える。価格は、熱源センサ発信器が1万4700円(税込み)、埋込スイッチ・受信器が1万1550円(同、プレート別売り)とした。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)