YKKAP、窓シャッター製品「BtoB」対応を強化=意匠性向上や設定作業簡素化を実施

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は台風時における安全・安心を訴求ポイントに拡販に力を入れている窓シャッター製品のBtoB対応強化として、事業者が戸建住宅に窓シャッターを設置しやすい環境を整備する。

10月3日、防火シャッターを除く全窓シャッターシリーズのシャッターボックスカバーの品揃えに、ボックス表面長辺のアルミ形材パネルと、ネジ止め部を覆う着色したサイド両端の樹脂パネルで構成する、「フラットタイプ」を加える。

また、同月31日、電動シャッターシリーズのうちシャッタースラットが連結されたスチール板の現行「リモコンシャッター」を、施工時の初期設定作業が簡素化された仕様へ切り替える。

2022年09月06日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)