TOTO、販売価格10月に値上げ=全製品群、システムバスは最大20%程度

TOTO(福岡県北九州市、清田徳明社長)は10月1日受注分から製品の販売価格を値上げする。

値上げの対象となるのは、主力製品である温水洗浄便座「ウォシュレット」を含め、同社が決算説明資料で「グローバル住設事業(日本)」として開示している5つの製品ジャンル群の全てとなる。値上げのうち最大の上げ幅となるのは「ユニットバス・システムバスルーム」群で、その上限を「20%程度」としている。

値上げ理由については「全社をあげて生産性の向上、合理化によるコストダウン、諸経費の削減を行ってきたが、原材料価格等の上昇が続いており、企業努力だけではコストアップに対応することが困難な状況となっているため」(同社)との説明を行った。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年02月08日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)