◎住宅用床材、抗ウイルス仕様相次ぐ=製品シリーズ〝全切り替え〟のメーカーも◎ | 住宅産業新聞

◎住宅用床材、抗ウイルス仕様相次ぐ=製品シリーズ〝全切り替え〟のメーカーも◎

新型コロナウイルスの感染拡大予防という新たな社会ニーズの出現を背景に、住宅用の床材市場で抗ウイルス仕様の製品をリリースするメーカーが出始めた。朝日ウッドテック(大阪市中央区、海堀哲也社長)が1日に一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)のSIAA認証を取得した抗ウイルス仕様の挽き板フローリング「LiveNatural Premium」を発売したほか、9月下旬にはウッドワン(広島県廿日市市、中本祐昌社長)が、同社として初めて抗ウイルス機能を備えた抗菌兼用のフローリングを発売している。これまで住宅用床材製品の衛生面における性能上の付加機能は抗菌仕様が主流だったが、今後は新型コロナウイルス感染予防を目的とする市場ニーズを背景に、各社の住宅用床材製品の品揃えの一部として抗ウイルス仕様の扱いが〝デフォルト(定番)〟になるものとみられる。

2020年10月08日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)