◎抗ウイルス建材、開発と訴求強まる=パナソニックが住宅用床材、アイカ工業はモデルハウスに採用◎ | 住宅産業新聞

◎抗ウイルス建材、開発と訴求強まる=パナソニックが住宅用床材、アイカ工業はモデルハウスに採用◎

パナソニック(大阪府門真市、津賀一宏社長)は2021年2月1日に抗ウイルス加工を施した住宅用床材を発売する。10月30日に発表した。また、アイカ工業(愛知県名古屋市、小野勇治社長)は10月26日、同社の抗ウイルス・抗菌メラミン建材が東京セキスイファミエス(東京都台東区、吉田匡秀社長)のモデルハウスに採用されたと発表した。これまで住宅用建材の衛生面における付加価値は防汚や抗菌仕様だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で新たに〝抗ウイルス〟仕様が加わったことで、各社の抗ウイルス建材の開発と、その商材アピールの動きが強まっている。

2020年11月12日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)