大和ハウス工業、戸建てシェアトップ目指す、トップとの差、成長余力

大和ハウス工業は、戸建住宅事業でトップシェアをとるために商品力と営業力を強化するとともに、中長期的にはM&Aや業務提携を含めた手法も視野に入れる考えを示した。都内で13日に開催した決算説明会で明らかにしたもの。1日に就任した芳井敬一社長は、戸建住宅事業を強化する方針を打ち出しており、戸建ての強化が他の事業へ波及するとしている。戸建てのシェアアップについて、芳井社長は「パイが減っても自分たちのシェアは伸ばすことができる。シェアトップ企業との差が成長余力」とし、「xevoΣ」をはじめとした商品力の強化や、他社と比較して少ない戸建て営業人員を増強することで実現可能とした。一方、少子高齢化の加速や2019年の消費税アップなど、新築住宅市場は厳しさを増すことから「住宅のプレイヤーは現状ほどいらなくなる」(香曽我部武代表取締役専務執行役員)とみており、M&Aなどを含めた手法も検討する。

2017年11月16日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)