リフォーム専用で業界初の立ち上がり24ミリ実現、LIXIL「リフォレム リプラス」専用の「新設枠」と「外窓」開発 | 住宅産業新聞

リフォーム専用で業界初の立ち上がり24ミリ実現、LIXIL「リフォレム リプラス」専用の「新設枠」と「外窓」開発

LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は3月1日、戸建住宅向けの窓リフォーム工法の新商品『リフレム リプラス』を発売した。同商品は、既存の窓枠の上に新設の窓枠を被せる「カバー工法」である点は、既に市場で出回っている工法で目新しさは無い。しかし、「枠の構造」と「対応窓種」に着目すると、流通している他の窓リフォーム工法とは一線を画す要素を共に初めて採用することで同業他社との差別化を鮮明に打ち出し、窓リフォーム市場の新たな時代を切り開いた画期的な商品といえる。中でも業界初の室内側立ち上がり寸法24ミリの実現と、新築向けの流用ではなく、リフォーム専用の「新設枠」と「外窓」を開発したことが特筆される。商品化への取り組みの過程から浮かび上がるのは、「内窓」ではなく外壁に取り付けられた「外窓」のリフォーム規模を拡大させようとする同社の「本気度」だ。『リフレム リプラス』の開発の背景を取材した。

2017年07月20日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)