アイカ工業、医療・介護向けを強化=3年後の売上、現状の10%増以上に

高齢社会街づくり研究所(愛知県名古屋市、岩尾聡士代表)・アイカ工業(愛知県清須市、小野勇治社長)・医療法人陽明会(愛知県名古屋市、岩尾康子理事長)は9月20日、東京・有楽町の外国特派員協会で会見し、医療・介護・看護を地域内で統合させることで、一定水準の高齢者サービスが低コストで享受できることを目指し具体化を進めている『Community Based Medicine(CBM)ヘルスケアイノベーション・IWAOモデル』の概要を発表した。アイカ工業は今後、同モデルに参画して進めている商材の開発をさらに進め、現状で推定50~75億円の医療・介護分野向けの同社の売上高を中期的に10%以上伸ばしたいとしている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2016年09月29日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)