LIXIL、住まい全体のエネルギーをクラウド管理するHEMSを発売

LIXILは、電気、ガス、水道などの住まいのエネルギーの使用量と、太陽光発電システムなどによる発電量、売買電量を、クラウド技術を活用して見える化するHEMS(家庭用エネルギー管理システム)「いえスマ」を5月に発売する。専用タップを使うことで、機器ごとの電力消費量を確認。家電機器の消し忘れなども確認できる。

クラウドタイプのため、専用端末を必要としない。パソコンやスマートフォン、タブレットなど、インターネット環境にアクセスできる機器があれば、どこからでも簡単に利用することができる。価格は7万2千円(税、設置工事費別)。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)