ベターリビングが高齢者の見守りサービスのニーズ調査=魅力的4割以上、加入は5%未満 | 住宅産業新聞

ベターリビングが高齢者の見守りサービスのニーズ調査=魅力的4割以上、加入は5%未満

一般財団法人ベターリビングは、「緊急通報・安否確認システムによる高齢者の見守りサービスに関するニーズ調査結果」をまとめた。

調査によると、4割以上が見守りサービスを「魅力的」だと答えた一方で、サービス加入割合は5%未満に留まる。さらに、約9割の人は「見守りサービスへの加入を検討したことがない」と答えており、ニーズと実態のギャップが浮き彫りとなった。サービスに加入していない理由については「時期尚早」、「親の住まいの近所に兄弟や親戚などが住んでいるから」などが上位を占めた。

今後の加入意向は、親の年齢が85歳未満の場合、加齢に伴って加入意向が上昇している。また、親の住まいまでの所要時間が2時間未満の場合で、距離が遠くなるにつれて「必要と思う時期が来たら加入したい」と考える割合が増えた。

2012年12月13日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)