積水ハウスの「施工力」支える技能者教育、グループ会社や協力施工会社の若手を半年で即戦力に

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 積水ハウスの阿部俊則社長は、競争力の基盤の一つが「施工力」であることを繰り返し強調する。部材や施工を標準化し、短い工期で一定の質の建物を建築することが可能な工業化住宅の強みを生かし、同社では戸建住宅や集合住宅のみならず災害公営住宅を始めとした公共建築物へ事業範囲を広げている。それを支えるのが「施工力」で、同社は施工力を支える技能者の人材育成に力を入れている。今年度は全国でグループ企業や施工協力企業から70人の若手を受け入れて、社会人としてのマナーや基礎知識などとともに内装や躯体・外装の施工実習を行い、半年間で即戦力に鍛え上げる。同社の新人技能者教育の現場を取材した。

2017年10月05日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)