LIXIL鈴木シャッター、個人宅向けに簡易脱着タイプの防水板を供給=『アピアガード オクダケ』、戸建ての浸水被害防止に注力

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 6月から10月にかけては、集中豪雨や強い雨による住宅の浸水被害の可能性が高まる時期だ。気象庁は「100年に1回の大雨」の定義を「おおむね北日本で100~200ミリ、西日本太平洋側で200~400ミリ」としているが、7月26日に発表した『気候変動監視レポート2016』でその年間日数を「増加傾向が明瞭に現れている」と表現。浸水被害発生の可能性を高める「非常に激しい雨」(1時間に50ミリ以上)および「猛烈な雨」(同80ミリ以上)も年間観測回数が「ともに増加している」としている。こうした状況への対応としてLIXIL鈴木シャッター(東京都豊島区、山田智社長)では、公共・商業施設をターゲットとした浸水被害対策の主力商品『アピアガード 防水シートⅢ』に加え、戸建住宅や小規模店舗向けに開発し2013年12月に投入した新商品で簡易脱着タイプの防水板『アピアガード オクダケ』のアピールに力を注ぐ方針だ。

2017年08月03日04面_住宅産業

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)