旭化成グループ、富士市の大規模分譲地に防災機能付き集会場

防災機能を紹介

旭化成と旭化成ホームズ、静岡県富士市の3者が、富士市内の旭化成旧社宅跡地で整備を進める全99区画の大規模開発プロジェクトで、防災機能を備えた公園と集会場が完成、2日に記念式典が行われた。

周辺住民のほか、小長井義正市長や地元自治会を代表して渡辺康雄江川区長らが集まり、かまどベンチや防災トイレなどの機能を確認した。

2018年12月06日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)