キーワード: 林野庁

地域型住宅ブランド化事業のグループ募集開始、地域材加算分は「休止」と

国土交通省は27日、2013年度地域型住宅ブランド化事業のグループ募集を始めた。 受付は6月24日まで。応募要領などの詳細は「平成25年度地域型住宅ブラン...

木材利用ポイント発行申請受付は7月上旬メド、JBNが説明会

一般社団法人ジャパン・ビルダーズ・ネットワーク(JBN、青木宏之会長)は20日、東京で「『木材利用ポイント』JBN説明会」を行った。 説明会に招かれた林野...

木材利用ポイント事業、事業者認定の申請は5月末まで

木材利用ポイント事務局(運営=林野庁)は4月26日にホームページを更新、(1)都道府県の協議会(2)協議会の住宅事業者向け説明会日程――の各情報を掲載した。 ...

木材利用ポイント、工事着手時期に「根切り」や「基礎杭打ち」も

林野庁は15日、木材利用ポイント事業活用の際の新築木造住宅の工事着手時期の定義について、従来の「工事請負契約を締結した時点」に加え、新たに『根切り工事又は基礎...

木材利用ポイント、事業者登録は工事着手後でも可=「新築と内外装を1回で同時申請」は最大60万ポイント

林野庁の木材利用ポイントの活用は、間柱および構造用合板も規定量にカウントする場合、それらは建築工法に対応する指定樹種でなければならない。 また、ポイント付...

木材利用ポイントの構造材要件、国産地産材を過半の規定量以上=「間柱」も規定にカウント

林野庁は3月29日、木材利用ポイント事業の内容を発表した。 事業の利用対象は、(1)木造住宅の新築・増築(2)住宅の内装・外装の木質化工事(3)木材製品・...

林野庁、木材利用ポイントの制度内容を発表

林野庁は3月29日、木材利用ポイントの制度内容を発表した。 木造住宅の新築、増築又は購入に、1棟あたり30万ポイントが付与される(1ポイントは1円相当)。...

木材利用ポイント、新築棟あたりの即時交換は最大15万円相当程度

林野庁は4月から、木材利用ポイント事業を始める。 新築木造1棟あたり30万ポイント(1ポイント1円相当)が付与される方向だ。付与されたポイントのうち、関連...

JBN、都道府県に地域団体=東京で全国大会開催

一般社団法人ジャパンビルダーズネットワーク(JBN、青木宏之会長)は、工務店業界の全国組織としての位置付けを明確にするため、47都道府県ごとにJBNの地域団体...

「復興住宅」で出発式、岩手・宮城・福島に推進協

東日本大震災の住宅の再建を目指して「地域型復興住宅」の普及促進を図る目的で被災3県に3つの地域型復興住宅推進協議会がスタート、活動開始への式典「地域住宅生産者...

全陶連など、「第6回新・木造の家設計コンペ」を後援

全国陶器瓦工業組合連合会と社団法人全日本瓦工事業連盟は、『第6回新・木造の家設計コンペ(主催=NPO法人森林をつくろう)』を後援する。同団体は審査員として参画...

国交省や林野庁などが木の家づくりで林業再生を検討

政府は、林業から木造住宅の生産者までの連携を図るために「”木の家づくり”から林業再生を考える委員会」(委員長=養老孟司東大名誉教授)の初会合を15日に行う。林...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)