2022年3月15日(第2081号)/群馬セキスイハイム、地域密着・循環型の営業拠点展開=体感型を中心に、街へ呼び込む工夫も

お知らせ
3月22日付の新聞発行は休刊とさせていただきます。次回の発行は3月29日付(第2082号)となります。【編集部】

主なトピックス
大和ハウス工業、住宅営業でメタバース活用、「人の介在」によるデジタルとリアルを融合/大東建託、水害対策に特化したフェーズフリーな賃貸住宅を11日から販売=水害後も生活継続が可能に/住宅設備・建材メーカー大手、販売価格を来年度に軒並値上げ=クリナップも3日に発表、〝建材・設備・水回り〟の区別なく/国交省=22年度予算で住宅エコ改修補助を実施、1戸あたり51万2700円

連載
コラム「ひと」=大建工業海外営業部シンガポール支店ベトナム駐在事務所の枝松努さん/JGBA理事が語る・住宅産業ニュース(8)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫 346/2020年度 都道府県別着工ランキング=7/注目の助成金=114(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=103日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
【トレンドナビ】積水ハウスが第30回地球環境大賞を受賞=『5本の樹』計画の生物多様性効果の評価手法で/旭化成ホームズ、シニア賃貸入居者向け健康長寿サービス=交流促す3つの仕組み導入/サンヨーホームズ、エコ・ファースト企業に認定=ZEH化率80%など目標に/住友林業緑化など3社、樹木輸送の脱炭素化推進=トラックから鉄道・船舶にシフト/リクルートが住みたい街ランキング2022首都圏版を発表、横浜が人気を維持/七呂建設、茶室モチーフの平屋を19日から販売=ショールームを同時開設/AndDoホールディングスがIoT住宅に「スマートDOホーム」を採用/LIXIL、動画配信「LIXIL-X」開始=エンドユーザーの利用も想定/伊藤電工、コンテスト作品を募集=「春の宵」テーマに4月から/TOTO、第17回水環境基金助成先団体を決定/三協立山・三協アルミ社、形材フェンスの新製品「ハイブリッドT・T」発売/近鉄不動産、「宅配×防災」ボックスを新築マンションの玄関横に設置/国土審議会=カーボンニュートラルを議論、新築戸建て6割に発電設備を、販売時の再エネ表示の義務化も/建設業のコロナ破綻=中小事業者中心に2年間で318件、建材納入遅れなどで、東京商工リサーチ調べ/21年10~12月のリ・バース60の利用実績、実績個数が41・7%増に/国交省若手職員があなたの町を支援/21年11月の既存販売量、戸建ては111・5/21年11月の不動産価格指数、住宅総合は124・0 他

人事・機構改革
三井ホーム

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)