2022年3月8日(第2080号)/国土交通省、サ高住補助を一部拡充=2022年度支援措置、他用途改修1戸あたり195万円

主なトピックス
積水ハウス、断熱等級5・一次エネルギー消費等級6を標準化=業界先駆け『宣言』/近藤建設が「LC-core構法」で店舗建設、従来のCLT構法と比較して壁量削減=「木造に強いゼネコン」の地位確立を/YKKAP、営業利益率2024年度に7・1%=新中計の数値目標公表、値上げ第2弾を視野に/住宅ローン利用者=金利の見通し「上昇」増加、住宅金融支援機構の実態調査/新設住宅着工都道府県別表(2022年1月分)
連載
コラム「ひと」=ポラスガーデンヒルズ設計部企画設計課長の工藤政希さん/JGBA理事が語る・住宅産業ニュース(7)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫 345

掲載記事一覧
大和ハウス工業、公設市場建替を推進=第1弾は富山市で/2022年1月度新設住宅着工戸数、持ち家5・6%減/パナソニックライフソリューションズベトナム、配線器具生産能力1・8倍/TOTO、監査等委員会設置会社へ移行=意思決定の迅速化で/【トレンドナビ】大阪・関西万博に住宅企業参画、飯田GHD・住友・三菱もパビリオン出展/大和ハウス工業、カメラで業務効率化=全戸建て工事現場に導入/ライフデザイン・カバヤが分譲住宅で初の「CLTハイブリッド構法」を採用=沖縄市で2棟を販売/エヌ・シー・エヌが埼玉県川口市に「木構造技術センター」を開設、技術開発の拠点として/LIRの神奈川県ランキング、横浜市が取引件数1位=住宅価格は10~20%上昇/規格型平屋注文住宅「IKI」の1月Web反響数が前年同月比で3・4倍に/細田工務店の新社長に野村孝一郎氏、4月1日付で就任/1月の木軸着工は前年同月比0・5%増に/タカラスタンダード、4月25日受注分から値上げ=システムバス、今回は見送り/ケイミュー、2050年にカーボンニュートラル=新製品「LAP-WALL」など投入/橋本総業、新社長に阪田貞一代表取締役副社長が昇格/三協アルミ、1日から「三協アルミワンダーWEB展示会 2022/盛り土法案=閣議決定に、危険区域の災害を包括的に抑制/建設業4団体と国交相、賃上げ3%申し合わせ、団体側は標準請負単価明治を要望/高齢者住宅協会、「多様な高齢者住宅整備を」、本人による選択を訴求、地域包括ケアも重視し/3月の住宅ローン金利 他

人事・機構改革
住友林業/ミサワホーム/トヨタホーム

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)