グローバルの先端情報を集約、JIBH主催のWOODRISE2021KYOTO、住宅にも多くの知見、ウッドショックは「落ち着き」

国際建築住宅産業協会(JIBH)は15日から17日まで、木造建築の発展を目指すWOODRISE(ウッドライズ)2021KYOTOを開催し、世界各国の業界関係者がオンラインも含めて参加した。

参加者は約800人で、この内オンライン参加者は150人に上る。

15ヵ国から70人の登壇者が集まり、世界で行われている「工法・産業化」「音響」「防災」「湿度」「耐久性」そして「資源」を最新の調査・研究成果について披露。「持続可能な開発に向けた木の建築 伝統から未来へ」をテーマに掲げ、中高層建築物・大規模建築物への木材利活用が政策課題であるとしたが、共同住宅のほか戸建住宅についても多くの知見が共有された。

また、ウッドショックへの言及もあり、「落ち着きつつある」との見方も出ている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2021年10月28日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)