野村不動産アーバンネット、10月1日時点の首都圏住宅地価格と中古マンション価格動向

野村不動産アーバンネット(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島青史)は、2015年10月1日時点の「住宅地価格動向」「中古マンション価格」の調査を公表した。それによると、7~9月期の特徴(四半期ベースの比較)は、首都圏の「住宅地価格」「中古マンション価格」共に、平均変動率が2013年7月調査以降、連続してプラスを維持した。一方、過去1年間(2014年10月~2015年9月)は、首都圏の「住宅地価格」「中古マンション価格」共に、平均変動率で2014年1月調査以降、連続してプラスを維持した。

◎2015年7―9月期◎

◆住宅地価格
価格変動率は、首都圏エリア平均で0.3%(前回:0.5%)となる。エリア別の平均変動率は、3四半期連続で全エリアがプラス。
住宅地価格 / 今回 / 前回
「値上がり」を示した地点 / 15.9% / 27.8%
「横ばい」を示した地点 / 81.5% / 69.5%
「値下がり」を示した地点 / 2.6% / 2.6%

◆中古マンション価格
価格変動率は、首都圏エリア平均で0.6%(前回:0.8%)となる。エリア別の平均変動率は、4四半期連続で全エリアがプラス。
中古マンション価格 / 今回 / 前回
「値上がり」を示した地点 / 26.1% / 31.7%
「横ばい」を示した地点 / 70.0% / 63.0%
「値下がり」を示した地点 / 3.9% / 5.2%

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)