市場に挑む=山川芳範ジャニス工業社長、特販事業部でリフォーム需要を創造 | 住宅産業新聞

市場に挑む=山川芳範ジャニス工業社長、特販事業部でリフォーム需要を創造

衛生陶器分野国内3位のジャニス工業(愛知県常滑市)は今年4月、リフォーム需要創造を担う特販事業部を立ち上げた。異業種とのコラボレーションなど、従来の営業ルートとは異なる手法を試し、大手2社が大半を占める市場シェア獲得に挑む。「シェアが低い当社だからこそ、思い切った事業展開ができる」と話す山川芳範社長に、今後の事業戦略を聞いた。

――特販事業部とは
特販事業部は今年4月、リフォーム市場に対してメーカーとして何ができるかを試す部門として設置した。従来の営業部門では対応しきれなかった幅広い販売ルートをカバーしたい。

例えば、メーカー責任施工をセットにした販売方法を検討している。衛生陶器の施工に最も詳しいのはメーカーだ。配管の位置などでリフォームが難しいとされる現場でも、メーカーはさまざまな解決手段を提案できる。工務店や工事店、異業種と協力することで、リフォーム市場は広がる。

2012年6月28日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)