東武鉄道、「ソライエ清水公園アーバンパークタウン」

東武鉄道は14日、東武野田線の清水公園駅前に立地する約500区画(約9・1ヘクタール)の戸建分譲地「ソライエ清水公園アーバンパークタウン」の街びらきを行った。

既に建築確認認可を得た28戸の特徴は、(1)同社初の本格的パッシブ設計の導入(2)女性が好む室内装飾で定評の夏水組(東京都杉並区、坂田夏水代表)が内装プロデュース――など。

7月から第1期販売を始め、今年度分として50~60戸扱う。前述28戸の物件は、敷地面積150・4~178・4平方メートル、延床面積91・9~100・0平方メートル、4LDK、最多価格帯3千万円台前半として販売される方向だ。

2014年06月26日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)