新昭和の「プレミア区画」、単価高い2013年度価格で売電可能 | 住宅産業新聞

新昭和の「プレミア区画」、単価高い2013年度価格で売電可能

新昭和(千葉県君津市、松田芳彦社長)は2日、千葉県内で同社が販売する戸建分譲地14物件全50区画で、2014年度の適用価格より買取単価が4・3円高かった13年度価格で再生可能エネルギーの固定価格全量買取り制度の売電が行える、建築条件付分譲区画「プレミア区画」の販売を始めた。

同区画を購入したエンドユーザーは電力全量買取制度を利用する際、14年度の適用価格(税込)34・5円/キロワットhではなく、13年度の同38・8円同で売電できる。新昭和が事前に取得していた権利を購入者に譲渡する形で可能にした。同社ではプレミア区画で一定能力以上の太陽光発電の搭載により、期間35年の住宅ローンの月々の支払額が3万円台となる可能性をアピールする。

2014年5月15日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)