PV「10kw超」住宅相次ぐ、固定価格買取制度活用で | 住宅産業新聞

PV「10kw超」住宅相次ぐ、固定価格買取制度活用で

10キロワット超の太陽光(PV)パネルを搭載した、標準的なサイズの戸建住宅に、大手企業が取り組み始めた。

このほど、戸建住宅最大手の積水ハウスが鉄骨系の2階建て戸建住宅『Be mod+e gent(ビー・モード・ジェント)』を投入。また、今月中にはトヨタホームも鉄骨系の『シンセシリーズ』に、対応商品を追加する予定だ。これで、先行するパナホーム、ミサワホーム、積水化学工業住宅カンパニー(セキスイハイム)と合わせて5社を数える。屋根形状が「片流れ」や偏心切妻の大屋根に限定されるなどデザイン的な制約はあるが、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して20年間にわたる売電収入が得られるメリットは大きいようだ。

2014年4月3日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)