LIXIL住研究調査、大規模災害への備え大多数は不十分

「大規模災害の備えを十分していると思う」は回答率約3%――。

LIXIL住宅研究所(東京都墨田区、今城幸社長)アイフルホームカンパニーの1月実施のアンケート「大規模災害への備えは十分ですか~住まいの強靱化に関する調査」で、大多数が備えは不十分で、旧耐震の木造戸建て居住者の9割が「耐震診断を受けたことがない」と答えた。

同社は昨秋、大規模災害に対応する戸建住宅開発でライフラインが寸断してもLPガス発電で約1ヵ月電源を確保し「自律生活」可能な戸建コンセプトハウス・レジリエンス住宅CH14を公開している。同社は同ハウスの仕様を反映した戸建てを来年度上期中に運営FCで発売する。

2014年3月20日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)