大和ハウス、植物工場ユニット『アグリキューブ』発売 | 住宅産業新聞

大和ハウス、植物工場ユニット『アグリキューブ』発売

大和ハウス工業は、大和ハウスグループの”農業の工業化”第一弾となる植物工場ユニット『アグリキューブ』の販売を開始した。大和リースと共同開発のユニット式建物に、「照明器具昇降システム」や「養液循環・排水システム」、エアコンなどをパッケージ化したもの。

外食産業向けの小規模サイズとして開発したが、将来的にはビジネスホテルやレストラン、分譲マンションなどでも利用できるタイプの商品化も行う。

アグリキューブは、葉菜類を中心に野菜を水耕栽培できる平屋建ての植物工場ユニット。高級タイプの『アグリキューブE』と標準タイプの『同S』の2タイプを用意している。どちらも、オプションで1キロワット/時の発電能力を備えた太陽電池を設置可能とした。

2012年3月29日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)