LIXILのスマートハウス実験住宅、試作品の外付け可動ルーバーなどを採用 | 住宅産業新聞

LIXILのスマートハウス実験住宅、試作品の外付け可動ルーバーなどを採用

LIXILは18日、LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーが5日に東京大学駒場Ⅱキャンパス内で完工させたスマートハウスの実証実験住宅、「COMMAハウス」を公開した。

実験は東大生産技術研究所と共同で2016年3月まで行う。快適な住環境の実現と持続可能なエネルギーシステム構築を目的に、省エネ機器のベスト・ミックスや風・日射の効率的制御でデータを蓄積。将来の規模拡大が予想されるスマートハウス市場へ投入する商材開発に、データを反映させる。

COMMAハウスの建築に当たっては、ほとんどの部資材を市場流通品としたが、通風・採光調整の要となる部材のうち、今回新たに外付け可動ルーバーと通風室内建具を試作し取り付けた。

2011年8月25日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)