ミサワが「LCCM住宅」今年度に商品化、2030年見据え提案 | 住宅産業新聞

ミサワが「LCCM住宅」今年度に商品化、2030年見据え提案

ミサワホームは、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅を、今年度内に商品化する。最先端の省エネ向上技術を駆使するとともに、太陽光・熱を中心とした自然エネルギーを活用し、居住段階のCO2の大幅なマイナスを図る。

試算では、約65年で建設時の発生分がゼロになり、それ以降はマイナスが続く仕組み。「毎年175本杉の木を植樹し続けるのと同じ効果」(同社)とした。その実現版と位置づける『エコフラッグシップモデル』棟を、同社の「高井戸本館」(東京都杉並区)敷地内に建設した。「2030年を見据えた環境住宅の未来像を提案」(同社)とする。

2010年11月17日付け2面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)