建築研究所、建築中のLCCM住宅を一般公開 | 住宅産業新聞

建築研究所、建築中のLCCM住宅を一般公開

独立行政法人建築研究所は2日、日本サステナブル建築協会などとの共同研究として建築中のLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)デモンストレーション住宅を一般公開した。

同住宅は高い断熱性能と自然エネルギー活用の仕組みで、建築時を含む住生活上のCO2収支を住宅としての生涯でマイナスを目指すもの。建築時の省CO2向上として構造材への地産ムク材使用や布基礎及び高炉セメントなどを採用、また、居住後の省CO2生活の実現として、レイヤーの開閉で季節対応するモード機能や、効果的な温度差換気の実現として換気塔などを採用した。

同住宅は2011年1月末に竣工予定で、11年度は機能の有効性及び性能の検証と結果の取りまとめを行う。

2010年11月10日付け3面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)