ケイアイスター不動産「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期」、「街育」をコンセプトに差別化図る=小路活用で住民の交流を促進

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)が2021年4月から茨城県古河市内で展開していた分譲住宅地「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期」は、全国住宅産業協会(全住協)が表彰する「第12回優良事業表彰」の戸建分譲住宅部門(中規模)で受賞プロジェクトに選ばれた。

分譲地内に道幅約2メートルの小路を張り巡らせることにより風通しや日当たりといった住環境を向上させたほか、(1)住民同士の交流が自然とできる(2)子どもの安心・安全を守る――といった街並みデザインとしたほか、街が子どもを育てる「街育」をコンセプトとした取り組みが奏功し、12棟すべてが完売となった。

同社では今後も中規模分譲地ではコンセプトのある分譲地とするとともに、「街育」に基づいた計画も継続的に取り組む考えだ。

2022年05月24日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)