リビングライフ「ライフアソート三浦海岸 マリン・コート」、統一外構で街並み演出=全住協の優良事業表彰を受賞

リビングライフ(東京都世田谷区、炭谷久雄社長)が2020年2月から神奈川県三浦市内で販売している大規模戸建分譲住宅地「ライフアソート三浦海岸 マリン・コート」(全54棟+集会場)は、全国住宅産業協会(全住協)が表彰する「第11回優良事業表彰」を受賞した。

三浦市では初の分譲地として、「半実住+半リゾート」のテーマのもと三浦海岸エリアでしかできないライフスタイルを提案。(1)きれいな街並みを演出する統一外構(2)オリジナル建物コンセプト「Lux Share(ラクシェア)」の採用(3)防犯・防災に優れた街づくり(4)集会場を中心としたコミュニティー形成――などを特徴としている。

その結果、市外からの購入者は7割以上を占めるなど、8月4日現在で52棟が契約済と好調に推移している。

同分譲地は京浜急行久里浜線の三浦海岸駅から徒歩7分、三浦海岸までは徒歩8分に立地。開発区域面積9290・24平方メートルに木造軸組構法2階建ての住宅54棟と木造平屋建ての集会場1棟で構成されている。

1棟の敷地面積は140・09~175・39平方メートル、延床面積93・28~115・92平方メートルで、間取りは2LDK+Sまたは4LDK。「平均価格は3800万円くらいで周辺相場よりも3割程度割高だが、販売は好調に推移している」(ディベロップメント事業部・三村幸治本部長)という。

2021年08月19日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)