建新が働き方改革で労働環境改善、「週休3日制」にトライアル=業務効率化で生産性向上 | 住宅産業新聞

建新が働き方改革で労働環境改善、「週休3日制」にトライアル=業務効率化で生産性向上

神奈川県全域で分譲住宅を年間300棟以上供給している建新(神奈川県横須賀市、大口隆弘CEO)は、2020年6月から働き方改革に着手した。

労働環境の改善を目指すため、パソコンのシャットダウン制度をはじめクラウドソフトの導入などによって残業時間を平均25%削減した。

残業時間が減少する一方で、業務効率化や社内体制の整備が進んだことで生産性が向上し、収益は前年比で2倍となった。さらに同社では4月からは「週休3日制」の実現に向けてトライアルを実施しており、今期は偶数月で実施するが、来期には月1回程度実することでさらに働き方改革を推進する考えだ。

2021年06月24日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)